本文へ移動

自死遺族支援

自死遺族支援

岩手県では、年間およそ300名前後の方が自死(自殺)によって亡くなっています。
 
ある日突然、大切な人が目の前からいなくなってしまう・・・この体験は、 遺された方たちに深い悲しみと大きな心の傷をもたらします。しかし、この思いを誰にも打ち明けられず、悩み、苦しんでいる人がいる、ということはあまり知られていません。
 
ソーシャルサポートセンターもりおかでは、自死遺族の相談窓口(019-652-8221)を開設しています。
 
誰にも話せず、ひとりで抱えている気持ちを誰かに聴いてもらうことで、こころが軽くなることもあります。来所することやお話することを、無理に勧めるようなことはしません。誰かに話したい、気持ちを聴いてほしい、と思った時にご相談ください。(原則として、岩手県在住の方に限ります。)

自死遺族はどんな影響を受けるのですか?

●1人の自殺によって、5人以上の人が何らかの影響を受けると言われています。
●深く大きな悲しみや苦しみを抱えることで、うつ病やうつ状態になることもあります。
●時には後追い自殺につながることもあります。

相談窓口とはどのようなものですか?

●専任の相談員(精神保健福祉士)が対応します。
●遺族の方が抱える苦しみや悲しみ、「なぜ?」という疑問や怒りの気持ちなどを受け止め、気持ちの整理をお手伝いしたり、これからのことについて一緒に考えていったりします。
●相談の内容によっては、専門の相談機関をご紹介することもあります。
●直接来所しての面接のほか、電話や手紙でも受け付けています。
●プライバシーはお守りします(匿名も可)。

どのように相談したら良いですか?

●まずは「019-652-8221」(※自死遺族支援の専用回線です)にお電話ください。
●相談料は無料です。
●受付時間は平日11~18時、土曜9~12時です。担当者が不在の場合もありますが、折り返しご連絡することもできますので、お気軽にお声がけください。

わかちあいの会

相談のほか、ご遺族の方同士さまざまな思いを語り合い、これからのことを一緒に考える場をもうけています。話すことを無理に促したりはしません。ご自分のペースでご参加ください。
 
●家族などの親しい人を自死でなくした方が対象です。
●参加費は無料です。
●毎月下旬火曜の17:30~19:00に開催しています。詳しくは「イベント・カレンダー」をご参照ください。
●参加希望の方はできるだけ事前にお電話(019-652-8221)でお申し込みください(予約なしでの参加も可能です)。「わかちあいの会について」とお話いただけるとスムーズにお申し込みできます。
●当日は匿名での参加も可能ですが、申し込みの際は本名でお願いします。プライバシーはお守りします。
特定非営利活動法人いわてソーシャルサポートセンター
ソーシャルサポートセンターもりおか

〒020-0015
岩手県盛岡市本町通1丁目9-14
JT本町通ビル3F
 
TEL.019-651-6271
TOPへ戻る